topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰宅しました - 2014.12.22 Mon



昨日の夕方、宮古島から戻ってまいりました。


でもやっぱり海は良いですね。
活動源をたくさん蓄えて戻って参りました。

視察もしっかり、アイデアもいっぱい蓄えてきましたよ v^^

せっかく視察に行ってきたので一日でもはやく制作に着手したいのですが
今は師走。
まずは年賀状・事務処理etcなどを終えてから
次の制作に入ろうと思います (^^)

はやく制作に着手したい 



スポンサーサイト

宮古島 2011年11月 (6) お宿はどちら!?のエビさん達 - 2012.01.15 Sun



ウミウシカクレエビ


よく見掛けるエビですが、
なんとなくウルトラマンの様な模様がかわいくて見付けると嬉しくなります(笑)

20120115_2_DSCF2943.jpg

一番上の画像はトリミングしてクローズアップしていますが全体画像。
お住まいはウミウシで無く、ナマコです。

だったら何で「ウミウシ」カクレエビって言うんだ?って突っ込みたくなりますね ポソッ





20120115_3_DSCF2878.jpg

バブルコーラルシュリンプ

これも好きです。
ミズタマサンゴ(通称バブルコーラル)の雰囲気と
繊細なエビの雰囲気が綺麗 

20120115_4_DSCF2878.jpg






20120115_5_DSCF2864.jpg

画像が悪くてすみません(汗)
ホンカクレエビの一種…かな?

別のポイントで見たホンカクレエビの一種に比べると
赤い部分が少ない個体でした。

20120115_6_DSCF2864.jpg

全体像を見るとライトを全然違う所に照らしているし(恥・・・



宮古島 2011年11月 (5)魚群もウンと潮次第!? - 2012.01.09 Mon

ギンガメアジの群れるポイント。
11月は潮が微妙に合わずなかなか傍まで寄る事が出来ませんでした




お~い。ギンガメ君~。 もうちょっとこっち来てくださいな~


20120109_2_DSCF2803.jpg


お~い。ギンガメ君~。



20120109_3_DSCF2804.jpg


この日はこの距離がやっと。

2009年9月の同じポイントの画像
寄れるときは結構傍まで寄る事が出来るので、こればかりは運?潮? 
はたまた、日頃の行いでしょうか?ね?(笑)





20120109_4_DSCF2812.jpg

単体の子は近くまで寄る事が出来きましたよ。

20120109_5_DSCF2807.jpg

よく見てみると…
ホンソメワケベラが付いてることに今気が付きました。

宮古島 2011年11月 (4)印象に残ったウミウシたち~ - 2012.01.04 Wed

今回は、私にとって少しウミウシに対する価値観が変わる出会いがありました。

これまでウミウシを目にして
「面白い」 「きれい」 と思った事はあったのですが・・・

念のためウミウシが嫌いな訳でなく、
ミカドウミウシ(英名スパニッシュ・ダンサー)は大好きで・・・


「かわいい」
   と思ったのは多分初めてです。


20120104_7_1_DSCF2885.jpg

パンダツノウミウシ


シルエット・模様・透き通るような白。
またもやピントはさておき・・・

いっぺんに好きになり
頑張って作りましたよ 
その画像はまた後ほど・・・



もうひとつの価値観の変化?…と言うより目からウロコのウミウシ。

20120104_7_2_DSCF2875.jpg

オオコノハウミウシ

最初、「これがウミウシ」とホワイトボードに書いて頂いても
何処に居るか全然分かりませんでした。
ソフトコーラルの中をジッと目を凝らしてもさっぱり分からず

20120104_7__3_DSCF2876.jpg

分からないはずです。。。
ソフトコーラルと思っていたこれ自体がウミウシなんですもん
こんな大きなウミウシが居るだなんて!(・・・って大好きなミカドウミウシも大きい!…か☆)




20120104_7__4_DSCF2868.jpg

ミドリリュウグウウミウシ

20120104_7__5_DSCF2824.jpg

これは私でも直ぐ判った(笑) アンナウミウシ


宮古島 2011年11月 (3) ~真っ暗&暗闇の住人たち - 2011.12.16 Fri



水中ライト



私は潜る時、24ワットの広角ライトと予備のスモールライト
二灯常備しています。
「何でそんな大きな物を?」とたまに聞かれますが。


百聞一見にしかず・・・↓

20111216_1_DSCF2787.jpg


今にも灯火が消えそうなスモールライトで撮影した画像です。


・・・

このポイントに入る前日に最終便で宮古島入り。
宿に着くやいなや、まずは広角ライトの充電。
夜中の3時にやっと充電完了! これでバッチリ♪

・・・と思いきや、翌日エントリーするなりライトが点かず

ショック
このポイントに入るために遅くまで充電したのに



そんな訳でマッチ売りの少女になった気分で(!?)
今にも灯火が消えそうな
小さなスモールライトで真っ暗な穴の中を移動していました

生物は見たいし、ダイブコンピューターも見たい・
念のため残圧も。
でも小さな灯りで、全て管理・瞬間に見ることが出来ず大変!



自分が久々に暗闇体験して少し思ったのですが…
この子達はこんな暗い場所でよく生活出来るなぁ…と。
同じスタンスで考える方が変?

20111216_2_DSCF2789.jpg

シマクダリボウズギスモドキ 
人のライトで照らして頂いたので明るい



20111216_3_DSCF2791.jpg

20111216_4_DSCF2793.jpg

サビクダリボウズギスモドキ
画像の質は無視してください☆
やっぱり人のライトで照らして頂いたので明るい


20111216_5_DSCF2781.jpg

ハラタカラガイ
やっぱり人のライトで照らして頂いたので明るい。
  ふっと思った事、なんで外套膜が無いんだろ?




他にも暗い場所独特の
様々な甲殻類、ヌメリテンジクダイ、
リュウキュウイタチウオの一種と
変わった生物が沢山居たのですが。
全てはライトの点灯トラブル。 … 悔やまれる ・・・。

20111216_6_DSCF2795.jpg


嗚呼…
    金のイタチウオ撮りたかった…




おススメ
暗いポイントの多い場所に行く時は
サブライトもあった方が良いと思います[:up:]
引率の方にお任せも楽かも知れませんが、
自分の事は自分で分かっていないと落ち着かない(汗)
万が一何かトラブルが起きた時、真っ先に自分が気が付かなきゃ恐ろしい


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

kimggure

Author:kimggure
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (8)
ダイビング (22)
お知らせ (24)
ラインアップ (7)
Making (31)
作者のひとりごと (17)
picture (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。